stella_inc
Preamplifier
The Preamp Full Balanced Tube Preamplifier

ザ・プリアンプ

 
EINSTEIN のすべてを注ぎ込んだ意欲作!ハイスピードで透明だが、熱いサウンドを再生する類まれなプリアンプです

ドイツ西部・ボーフムの地に拠点を置く、アインシュタイン社の新たなフラッグシッププリアンプの登場です。同社の長年の定番であった ” The Tube II “ をベースに筐体から回路細部にいたるまで、新たな発想と技術を取り入れて全面的になリファインを敢行、新たな上位モデルとして新製品、”The Preamp” を生み出しました。製品の名前にも象徴されるとおり、アインシュタインのプリアンプの決定版ともいえる存在です。

入力から出力までの信号経路上に一切のスイッチ、リレー等の素子が全く存在しない徹底したダイレクトライン思想を貫いており、音楽の細部を覆い隠すことのないピュアで静寂なステージの中に、独特の美音を聴かせる優れたプリアンプです。

■ デュアルモノラル + 完全バランス構成

TThe Preamp は、電源部を含め徹底したデュアル・モノラル構成を採用することで、左右チャンネルの干渉を避け、明瞭な音像定位を可能にしています。また入力から出力まですべての経路を完全なバランス回路構成とすることで、ノイズに強く極めて優れたS/Nを実現しています。

■ 出力段にCIRCLOTRON回路を採用

The Preamp の出力回路にはクロスシャントプッシュプル(CSPP)回路の一種であるCIRCLOTRON回路を採用しています。これは低インピーダンス負荷に強く帯域特性に優れた回路方式ではありますが電源回路が複雑化するため実際の製品に採用される例はそれほど多くありませんでしたが、アインシュタインでは音質最優先のポリシーにより敢えてこの方式を採用しています。

■ 高精度ボリュームコントロール

シグナルパス上にポテンショメーターが存在しない、EINSTEIN独自のシャントアッテネーター構成により、ボリュームコントロールが引き起こす音質の劣化を皆無にしています。

■ フィラメントスイッチングセレクター回路

The Preamp の5系統の入力にはそれぞれ独立した入力段回路が設置され、その入力段に使用されている真空管のフィラメントに通電させるかさせないかによって入力セレクタの働きをさせています。これにシグナルパスに一切のスイッチ類、リレーの類、半導体などが存在せず、信号の純粋性を限りなくキープいたします。

■ 共鳴・共振のないアルミ製シャーシ

The Preamp のシャーシには肉厚のアルミを採用。特定周波数で共鳴・共振をすることがなく、クセの無いスムーズなサウンドの実現に一役買っています。

Specifications

・入力端子: XLR x 2, RCA x 3
・出力端子: XLR x 1, RCA x 1
・REC OUT端子: シングルエンド(RCA) x 1
・S/N: >100dB
・THD: <0.05% at 1.5V RMS
・チャンネルセパレーション: >98dB
・出力インピーダンス: 50Ω
・真空管構成: E88CC/6922双三極管 x 18
・寸法: 430 x 410 x 200 mm(W x D x H)
・重量: 20 kg
・リモコン + 高品質電源ケーブル付属