stella_inc
Reference OTL Tube Mono Power Amplifier
The Silver Bullet

ザ・シルバーブリット

 
アインシュタイン・パワーアンプの顔であるOTL モノパワーアンプに新たな上位モデル登場!

独アインシュタイン社の『 顔 』としてOTLモノパワーアンプ The Final Cut シリーズが長年にわたり君臨してまいりましが、 今回Final CUT シリーズをベースに、電源部、筺体、回路すべてにわたって設計を見直し、Final Cut シリーズの上位モデルとして、『The Silver Bullet(ザ・シルバーブリット)』を完成させました。

■ 出力トランスレス(OTL) + 完全バランス構成

メイン出力管に6C33を4本使用した完全バランス構成であることは従来のスタイルを踏襲していますが、回路部分は全面的にリニューアルをおこない、CIRCLOTRON(サークロトロン)回路を使用したアインシュタイン独自の構成で更なる高音質化を実現しています。

■ サークロトロン回路による繊細かつダイナミックなサウンド

CIRCLOTRON(サークロトロン)回路は、CSPP(クロスシャントプッシュプル)回路のひとつです。回路構成はシンプルで大変先例されたものですが、反面、電源回路が複雑になるなどの理由から今までにあまり使用例は多くありませんでしたが、ダイナミックレンジが広く、とりわけローレベル信号の再生能力が極めて高いことから、この新モデルでも採用に踏み切りました。

■ 高精度プロテクション回路

出力トランスを持たない OTL 方式は、ダイナミックでナチュラルなサウンドが得られる優れた方式ですが、反面、真空管の特性のばらつきによっては動作が不安定となる欠点もあります。この The Silver Bullet では、真空管を十分に選別して特性を揃え、かつプロテクション回路を万全とすることにより、安心してご使用いただける環境を整えています。

■ より強固で共鳴共振の無いオールアルミシャーシ構成

肉厚で大変強固なアルミシャーシを採用。Final Cut シリーズと比較してはるかにトルクフルなベースサウンドは、まさにこの丈夫なシャーシのおかげと言えます。

■ +/- 独立のトランスによる強力電源

Specifications

・入力端子: バランス(XLR) x 1
・スピーカー端子: WBT製バインディングポスト x 1
・S/N: >98dB
・THD: <0.02%
・出力: 65W/8Ω、45W/4Ω
・ダンピングファクター: 95/8Ω
・真空管構成: 6C33三極管 x 4、E88CC/6922双三極管 x 5
・寸法: 430 x 490 x 240mm(W x D x H )
・重量: 33kg