Trinnov  | 4 way Channel Divider / Sound Optimizer / Preamplifier

多彩な機能を持つ8ch出力スーパーマシン

ALTITUDE 32-88

チャンネルデバイダー / サウンド・オプチマイザー / シアタープロセッサー / 8chプリアンプ

3D音響のプロフェッショナル集団・トリノフオーディオだからこそ可能な究極の8chデジタルプリアンプ。4 way デジタル・アクティブクロスオーバー機能を内蔵し、しかもトリノフが誇るサウンド・オプチマイザーを装備。

デバイダー機能としては、最適なクロスオーバー設定が視覚的に行なうことができることが最大のポイントです。
Altitude 32-88では、好みのクロスオーバー設定でいとも簡単にアクティブ・クロスオーバーをキャリブレーション。各ドライバーのレベル調整と時間的なタイミング調整、極性調整までをも自動的に行います。

また自動調整後も好みに合わせて手動調整も自由自在。オプチマイザー機能によりスピーカーシステムトータルのサウンドを最適化することで、従来ではあり得なかったサウンドを手にすることを可能にしています。

自由自在に設定可能なアクティブ・クロスオーバー

帯域分割するためのフィルター設定は、3種類のフィルターから自在に設定可能(ベッセル / リンキッツ・ライリー / バターワース)。
クロスオーバー周波数は任意に設定可能です。それぞれ2次(12 dB/oct)から8次(48 dB/oct)までのスロープ設定が可能です。

 

クロスオーバー設定画面:
フィルターのタイプ、次数、クロスオーバー周波数を入力するとクロスオーバーカーブが視覚的に表示される

サウンドオプチマイザー機能
① アクティブクロスオーバー・キャリブレーション

アクティブ・クロスオーバーの周波数とスロープを設定後に、専用の測定用3Dマイクロフォンを使用してクロスオーバー・キャリブレーションを行います。クロスオーバーキャリブレーションにより、各ドライバーのレベル調整とタイミング調整、最適極性の判別を自動で行ないます。

クロスオーバーキャリブレーション実施後:
設定クロスオーバーでの実周波数特性と直接音周波数特性を表示

各ドライバーのレベル、ディレイ、極性を自動調整

サウンドオプチマイザー機能
② スピーカーシステム全体の最適化

アクティブ・クロスオーバー・キャリブレーションの後は、スピーカーシステムのサウンド全体を最適化します。専用の測定用 3D マイクロフォンを使用し、スピーカーからの直接音、初期反射音、定在波、残響成分をそれぞれ検知し、部屋の影響による特性の乱れを補正・最適化いたします。

スピーカーシステムの最適化周波数特性:
上段:実周波数特性、中段:最適化後の周波数特性、下段:補正フィルター

サウンドオプチマイザー機能
③ ターゲットカーブ(目標曲線)の設定

サウンド・オプチマイザーにより部屋の影響による特性の乱れと反射の影響、時間軸特性を補正・最適化した後に、スピーカーシステム全体の周波数特性(エネルギーレスポンス)を整えます。これは周波数特性を好みの音調にボイシングするのに近い作業です。

オプチマイザーは設定したターゲットカーブ(目標曲線)に合致するように周波数特性を自動調整いたします。複数個のターゲットカーブを設定してプリセットすることにより、異なる音調を比較したり、曲に合わせて好みの周波数特性に切り替えるなどの使い方が可能です。

ターゲットカーブ(目標曲線) の設定例

ハイエンドプリアンプとして十分な入出力端子
アナログ・デジタル入出力対応

【入力】
• Stereoアナログ入力:XLR x 2, RCA x 3
• 7.1アナログ入力:RCA x 1
• Stereo デジタル入力:
AES x 2, S/PDIF RCA x 4, or PCM 7.1 x 1,
TOSLINK x 4 or PCM 7.1 TOSLINK x 1
• Stereo ネットワークレンダラー入力 (UPNP/DLNA, Roon) x 2
• HDMI 入力 x 8
• DCI COMPLIANT AES: DB25端子 x 1 (8ch)

【アナログ出力】
• 8ch アナログ出力 XLR
• 8ch アナログ出力
• Stereo RCA x 1

【デジタル出力】
• DB25端子 (AES) x 1 (8ch)
• AES Stereo XLR x 1
• S/PDIF Stereo RCA x 1
• S/PDIF Stereo TOSLINK x 1

CPUベースの超高速信号処理

超高性能 64 bit 浮動小数点方式による超高速信号処理。すべての処理は DSPチップに頼らないCPUベースで行ないます。ソフトウエアベースのバージョンアップで将来にわたり陳腐化することがありません。

24 bit/ 192 kHz ネイティブプロセッシング

音質劣化の無いデジタル信号処理

トリノフ・オーディオの卓越したデジタル信号処理技術は、他社の追随を許さない高度な精度を実現しており、信号経路上で完全な音質を維持しています。トリノフ・オーディオのプラットフォームは 192 kHz までのデジタル信号をネイティブに信号処理いたします。

また64 bit 浮動小数点方式での信号処理により、すべての演算はめざましく高い精度で実行され、 320 dB以上の解像度でのシグナルインテグリティ(波形整合)を保証しています。この十分な信号処理能力のおかげで解像度をまったく損なうことのないデジタルボリュームコントロールを可能にしています。

8ch出力の使い方はさまざまです

Altitude 32-88 の 8 ch 出力の使い方は多岐にわたります。
• 最大 8 chまでのマルチchシアター ( 7.1 ) を構成することも可能( DOLBY, DTS, AURO 3D プロセッサー内蔵)
• マルチチャンネルとマルチドライブを混在させることも可能(例 : 5.1 ch 構成でフロントを 2way マルチドライブに設定)
• 複数の 2ch スピーカーを接続(例 : 3 way マルチドライブスピーカーとフルレンジスピーカーを接続)
……

スペック Technical Specification

外形寸法

 (W) 442 x (H) 165 x (D) 445 mm

重量

12kg