Wilson Audio | Floor standing speaker

ウイルソン・オーディオの伝統を受け継ぐ大型システム

ALEXX

4 way 5 speakers system

Wilson Audio の最初のスピーカーは 1981 年に発表した「WAMM」ですが、これは全高2m程もある大型システムでした。「ALEXX」は、この初代モデルから綿々と続く製品哲学を受け継いだ最新の大型システムです。Wilson Audio は製品の技術コンセプトを決して曲げたりはいたしません。初代「WAMM」で世に問うたエンクロージャーのモジュール化と、各モジュールのタイムアライメント調整という技術コンセプトを踏襲し、弛まぬ技術革新の成果を取り入れた最新の成果が「ALEXX」です。

新世代MTMドライバー・コンフィグレーション

ツイーターの上下にミッドレンジドライバーを2つ配置するドライバー構成を「MTM (ミッド=ツイーター=ミッド)コンフィグレーションと呼んでいます。MTM はミッド帯域に余裕を生み出し中高音域のダイナミックレンジを広げる優れた方式で、Wilson Audio の大型システムには必ず採用されている方式ですが、設計チームはこのMTMを再定義し、新たな世代のMTMをこの「ALEXX」のために開発いたしました。

新世代 MTM では上下のミッドレンジに異なる口径のドライバーユニットを採用しているところが大きな特徴です。上部に配置されるミッドドライバーは 5.75 inch 径、下部に配置されるミッドドライバーは 7 inch 径としており、MTM の利点を十分に活かしつつミッドレンジの受け持つ帯域を十分に拡げることに成功しています。また2つのドライバーそれぞれのエンクロージャーはそれぞれのドライバー用に最適化されており、2つの異なるドライバーがあたかも1つのドライバーのように一体感を持ってドライブされます。

音楽再生に決定的な影響力を与えるミッドレンジ帯域を、ダイナミックレンジと周波数レンジの両方で完全にカバーする新世代 MTM が「ALEXX」の完成度を決定付けています。

Timing is Everything

ディビッド・ウイルソンが最初の製品「WAMM」を開発した当時から、ダイナミックで調和のとれた音楽表現のためには、リスナーから見たそれぞれのドライバーの位置合わせがものすごくデリケートに影響することに気がついていました。 それ以来、数多くのリスニングと詳細な研究により、ダイナミックコントラストとハーモニック表現を正確に再現するためには、ウーハー、ミッドレンジ、ツイーターによって生成される波形の先端が正確に同時にリスナーの耳に届く必要があることが確認されています。 耳/脳のメカニズムは時間的なズレに対してはものすごく敏感なのです。

MTM コンフィグレーションの3つのミッド・ツイーターモジュールは、非球面のカーブに沿って配列されており、それぞれのモジュールは角度と前後位置を可変することにより、リスニングポジションにおけるタイムアライメントを最適に調整することを可能にしています。

COLOUR OPTIONS

スペック Technical Specification

システム構成

4 way 5 driver system

ウーファーエンクロージャ―

XLFポートによるバスレフ方式、Xマテリアル

ミッドレンジ・エンクロージャー(下側

ボトムベント、Xマテリアル

ミッドレンジ・エンクロージャー(上側

リアベント、Sマテリアル

ツイーター・エンクロージャー

密閉型、Xマテリアル

ドライバー

ウーファードライバー

1 × 10.5 inch + 1 × 12 inch パルプコーン

ミッドレンジ・ドライバー

1 x 5.75 inch 、1 x 7 inch パルプコンポジットコーン

ツイーター・ドライバー

1 x 1 inch シルクソフトドーム (Convergent Synergy MK5)

スペック

能率

91dB @ 1watt @ 1meter @ 1kHz

定格インピーダンス

4 Ω(最低インピーダンス 1.5Ω@2.85kHz

許容最小アンプ出力

50W/channel

周波数帯域

20 Hz - 31 kHz @+/- 3dB Room Average Response

製品寸法

158 (h) x 40(w) x 68(d) cm

製品質量

205kg /pc

Brochure Downloads

ダウンロード カタログ

ALEXX