Ypsilon | Tube Stereo Preamplifier

Ypsilon PST-100 mk2 SE

Tube Stereo Preamplifier

すべての信号経路に銀線を使用したスペシャルモデル

カップリングトランス、トランスアッテネーターなどを含めて、すべてのオーディオ信号経路に純銀線を使用したスペシャルモデルです。銀は大変高価な貴金属ですが抵抗値が低いために特に微小信号を流すプリアンプにおいて圧倒的な音質優位性を持ちます。

自社設計・製造のトランスアッテネーター

ボリューム回路(アッテネーター)に、自社設計・自社製造した高性能トランスを使用。2次側巻線に31個タップを設け、トランス巻線比を変えることにより31段階のボリュームコントロールを行います。抵抗器を使用する通常のアッテネーターでは、どんなに良い素子を使用しても原理上信号エネルギーの損失は避けられませんが、トランス方式ではエネルギーのロス無くボリュームコントロールすることを可能にしています。

信号経路はすべて銀線で構成

モデル名の末尾 SE は Silver Edition を意味します。信号経路内に存在する自社製造のトランスはすべてカスタムメイドのエナメル被覆銀線を手巻き、それ以外にも信号経路となる内部配線はすべてカスタムメイドの銀線を使用しています。

シンプル&ピュアな回路構成

Ypsilon のプリアンプは、信号経路から余分なものを極力取り去ったシンプルでピュアな回路構成を採用しています。増幅段には、超長寿命で知られる SIEMENS製 C3m 5極管をトライオード接続で使用したゼロフィードバック回路を採用。クラスA・シングルエンドのシンプルな構成で 17dB のゲインを得た後、カップリングトランスを介してボリューム回路へと引き継がれます。使用しているカップリングトランスも自社で巻いたカスタム銀線仕様です。増幅回路を極力シンプルなものとするために、真空管には固定バイパス回路を採用。信号経路内には C3m 真空管とトランスの他には グリッド抵抗1つとバイパスコンデンサ1つしか存在しません。

6CA4 整流管による電源回路にさらにチョークトランスを付加

カスタムトランスと整流管 6CA4 による電源部に自社設計のチョークインプットトランスを使用。チョークトランスを自社設計することで真空管動作に最適な電圧を供給。さらに電解コンデンサーには定評あるMUNDORF製を使用。盤石の電源を誇ります。

アクティブモードとパッシブモードを選択可能

PST-100mk2 SE では、SIEMENS製 C3m 5極管を使用した増幅段がボリューム回路の前段に備わっており、ボリューム回路とはカップリングトランスを介して接続されています。通常のアクティブモードでは信号は増幅段を通りますが、パッシブモードを選択すると増幅段はバイパスされ、信号はトランスボリュームのみを通るだけのパッシブプリアンプとして動作させることも可能です。

ノブ無し、スイッチ無し

内部構成を極力シンプルにすることにこだわり、本体にはメイン電源スイッチがあるのみです。すべての操作はリモコンで行います。制御回路は最小限とし機器内部での高周波ノイズ発生を極限にまで抑えています。

興味深い本体内部

写真左側、縦に並んだ二つのトランスがL/Rチャンネル独立のアッテネータートランスです。2次側巻線に31個のタップを設け、写真左下のリレーで切り替えることにより音量調整を行います。

本体背面部

XLR入出力端子もありますが、回路構成はアンバランス(シングルエンド)です。

スペック Technical Specification

方式

真空管式ステレオプリアンプ

回路方式

シングルエンド(アンバランス)

使用真空管

1 x 6CA4 (電源回路部)

1 x C3m (増幅回路部)

入力端子

5 x RCA (アンバランス) + 1 x XLR (アンバランス

(うち1系統はシアターモード入力(ボリューム固定)

プリ出力端子

1 x RCA (アンバランス) + 1 x XLR (アンバランス)

テープアウト端子

1 x RCA

ボリューム

トランス2次巻線切替方式 (31タップ)

3 dB (ステップ 1 〜 5)
2 dB (ステップ 6 〜 10)
1.5 dB (ステップ 11 〜 28)
1 dB (ステップ 29 〜 31)

周波数特性

 9 Hz 〜 100 kHz, -3dB

出力インピーダンス

150 Ohm 以下

入力インピーダンス

50k Ohm

ゲイン

17 dB

最大消費電力

100 VA

外形寸法

400 (W) x 180 (H) x 410 (D) mm

質量

25 kg